世界の可能性を拓く

Powering your potential

インドの電力不足の緩和に貢献する「カワサキグリーンガスエンジン」。

12億人の人口を擁し、経済成長を続けるインド。それにともなって電力需要も拡大している。現在、インドでは供給量を上回る電力需要や不安定な電力網を解決すべく、分散型電源を活用した独立系発電事業者(IPP)が増加。2013年、川崎重工はIPP発電所向けのガスエンジンを初受注した。受注した「カワサキグリーンガスエンジン」は、世界最高の発電効率と優れた環境性能を誇る。インドにおける深刻な電力不足の解消と環境負荷の低減。
カワサキの熱い想いと挑戦の繰り返しが生み出した技術は、インドの経済成長を明日へと導いている。