気負いなく、自分らしい働き方ができる場所。

活躍する女性社員たち

Message2

文系/資材調達

工藤 怜那 Reina Kudo

車両カンパニー 資材本部 資材部 素材調達課
2008年入社

入社理由

自分らしく働ける会社だと
直感しました。

私の企業選びの軸はシンプルで、「自分の仕事が目に見えるモノで残り、簡単にはなくならずに、多くの人に役立つこと」でした。そして絞り込んだのが、重工メーカーでした。中でも川崎重工は、学生である私と最も対等に、同じ目線で話をしてくれたので、ここなら自分らしく働けるに違いないと思い志望しました。女性の就職先としてどうかという視点では、ほぼ考えませんでした。確かに重工メーカーは女性社員が少なく、男っぽいイメージがありましたが、学生時代に運動部のマネージャーをしていた私にしてみれば、男性が多いからどうだとか、女性だからこの業界はどうだとか、そういった考え方はまったくなかったので、特別な勇気も違和感もなく、自然に川崎重工を選びました。

現在の仕事内容

車両の製造に必要な部材を
調達しています。

入社以来、車両の資材調達の仕事をしています。入社してまず担当したのは、空制艤装部品と呼ばれるもので、ガラスやカーテン、ドアエンジン、ブレーキユニットなど。続いて、主に台車部分に用いられる機械加工・厚板板金部品。そして現在は、アルミ形材、板、電線、化粧板など素材系の品物を担当しています。社内設計部門と社外取引先の間に入って橋渡し役を務めながら、コスト、納期、品質を管理するのが仕事です。業務では技術的な知識も求められるため、文系出身でありながらいろいろと勉強し、今ではすっかり設計図面も読めるようになりました。

この仕事のやりがいは、自分が調達した部材を乗せた車両が完成して世に出ていくところ。私は北海道出身なのですが、まさに帰郷する際に乗る車両が自分の携わった車両なので、非常に感慨深いです。

女性が働く職場として

性別に関係なく、個々人の能力を
発揮出来る職場です。

入社して1年目の印象はと聞かれると、覚えなければならないことが山ほどあったので、職場の雰囲気まで気が回らなかったというのが正直なところですが、その中でも、入社前に持っていた「人」に対するイメージは入社後も変わらなかったように思います。入社前の社員面談で、男性社員の方数名と話した時に違和感がなかったように、配属先でも男性が多いもののすぐに職場になじむことができました。当時は1年上に女性の先輩社員がいて、男性の気づかないところをケアしてくれたので、ありがたかったです。

入社して数年が経ちましたが、やる気さえあれば、性別に関係なく誰もが成長し活躍できる職場だと感じています。

女性のキャリアアップ

自分らしくキャリアアップして
いくことができます。

会社として、「女性を積極的に採用しよう、長く働き続けてもらおう」という考えに基づいて、いろいろな取り組みをしている点は評価できると思います。また実際に働く現場に目を向けてみても、少数派の女性であるがゆえのデメリットは感じたことがありません。むしろ実際には、色々な人に顔を覚えてもらいやすく、仕事が進めやすい点はメリットに感じています。どのような場面においても、自分を成長させることができる人なら、自分らしい働き方でキャリアアップしていくことが可能ではないでしょうか。

キャリアビジョン

オンリーワン的人材に
なるのが目標です。

入社以来、資材調達の仕事をしていますが、できれば他の業務も経験してみたいと思っています。部署が変わると会社への貢献の仕方も変わってきます。車両づくりは数多くの人やモノ、技術で成り立っているので、様々な業務を経験しながら、多方面にわたる知識の習得に努め、その経験や知識を活かして、自分にしかできないアドバイスや提案、問題解決方法をアウトプットできる「オンリーワン的人材」になるのが目標です。

いつか子どもを持つ日が来るかもしれませんが、たとえそうしたライフステージの変化を迎えても、それを乗り越えて引き続きキャリアを積み重ねていく考えです。

学生へのメッセージ

飛び込んできてください。

学業やアルバイトと就職活動の両立はたいへんだと思いますが、さまざまな業界の話は今の時期しか聞けないので、貴重な体験をすると思って頑張ってください。興味のない業界の話でも、聞いてみて損はないと思います。

川崎重工はまだまだ女性総合職は少ないものの、実際その中に身を置いてみると特に不満に思うことはないので、ぜひ飛び込んできてもらえればと思います。若いうちから仕事を任せてもらえる風土があり、早くから働く楽しさや厳しさ、責任を持つことの重要さを教えてくれる会社なので、一緒に頑張りましょう。