挑戦のフィールド

個々の専攻と個性を存分に発揮できる広範な仕事フィールド。

各職種をクリックすると
それぞれの業務内容に移動します。

基本設計 営業・受注 詳細設計 資材調達 生産技術・工作 品質保証 研究開発 スタッフ部門

専攻と職種について

仕事紹介

全世界を舞台に、各カンパニーがそれぞれのフィールドでダイナミックなビジネスを展開する川崎重工。各部門・各職種で高い専門性を持ったプロフェッショナルが互いに連携しあっています。ここでは代表的なビジネスの流れと、そこに関わるさまざまな職種の仕事内容を簡単にご紹介します。

基本設計

営業活動の第一歩となる基本的な設計を担当する。

顧客のニーズを調査し、どのような仕様の製品をどのくらいの価格で提供することができるかを検討する。必要に応じて客先に出向き、顧客に対してプレゼンテーションを行い、また顧客のニーズを満たすべくさまざまな仕様の提案を行っている。

営業・受注

営業部門は、設計・製造部門などと連携をとりながら、製品の受注から契約、納入、代金の回収に至る一連の業務を担当する。

受注営業と工場営業に大別され、受注営業は需要動向を把握し、積極的に顧客の需要を喚起するとともに、受注に結びつけることが主な仕事になる。

工場営業は受注後の契約履行を主に担当し、製造過程での顧客の要求を製造部門に伝え、各部門との折衝を行い、適正な利益の確保に努めている。

詳細設計

基本設計が「どのようなものを作るか」に対し、詳細設計では「基本設計をどのように具現化するか」についての設計を行う。

顧客のニーズ・契約を遵守しながらも、機能・性能だけではなく、製品コストや信頼性にも配慮した設計が必要になる。さらに設計段階での仕様は、その後の製造に大きな影響を与えるため、作業の正確さ、スピード、コストダウンを考慮した業務のシステム化を図っている。

資材調達

資材調達部門は、生産に必要な原材料・部品をQCD(Quality, Cost, Delivery)の面から最適な条件で購入することが主なミッションである。

製品価格における材料費の割合が高いことから、材料費の低減が利益創出に大きく貢献する。

製品の機能を低下させることなく製造コストを低減するため、国内のみならず世界中のサプライヤーから、最適な調達計画を模索している。

生産技術・工作

生産工程管理、工作技術の開発、生産システムの開発などを通じて、製造ラインに「効率よく、高品質のモノづくり」を実現する役割を担う。

製品の加工・組立におけるミスの発生を防ぐためのライン構築、作業員を長時間の労働から解放し、製品の精度を上げるための自動化など、まさにモノづくりの第一線、もっとも製品に近い職種と言える。

品質保証

顧客が要求する品質を達成して初めて信頼を得ることができ、事業を継続・発展させることができる。

品質保証部門では、検査技術の開発をはじめ、設計、調達、製造、出荷およびアフターサービスに至る全工程を通して、製品の品質を管理・維持している。

当社では全事業部門で国際品質規格ISO9000シリーズの取得を完了、自社の品質保証体制を明確にしている。

研究開発

永続的に当社が社会に貢献し、発展していくためには、常に時代の先端をゆく技術開発が必要となる。

当社では構造・材料・流体・燃焼といった基盤技術、制御・電気・電子・メカトロニクスといったシステム技術などの研究が進められており、多数の研究開発対象の中から、将来の事業展開に必要なものを選別し、製品としての実用化を図っている。

スタッフ部門

モノづくりのサイクルを円滑に回すため、ヒト(総務・人事)、カネ(財務・経理)を絶えずサポートする。

またモノづくりを通して展開される事業部門や全社の経営計画を策定・フォロー(企画・管理)する。

モノづくりのサイクルをタイヤに例えると、タイヤがまっすぐ目的地に辿り着くよう内側から支えるホイールの役割を果たしているのがスタッフ部門である。

専攻と職種について

専攻学科に関連する職種を紹介します。
このマトリックスは、業務関連の参考であり、配属については年度によって若干の変動があります。

専攻と職種について